徳島 皮フ科・形成外科 まつもと皮フ科

電話お問い合わせはこちら
088-676-3214

皮膚のお話

ホーム > 皮膚のお話

粉瘤が腫れてから受診する方がほとんどです

2020.03.04
「皮膚にしこりができて、赤く腫れてきた」と来院された方のほとんどは、「粉瘤」が化膿したものです。
粉瘤(アテローム)とは、皮下にできる皮膚の袋で、体じゅうどこにでもできます。
「皮膚の小さなしこり」なので、ふだんは気にせずに生活しているのですが、その袋の中に細菌が入ると化膿して、痛くなります。そうなってから初めて、「皮膚科に行こう」と思われるようです。

化膿している粉瘤の治療は、4段階です。
①局所麻酔をしてメスで切開する
②なかのウミ、角質、皮脂をかき出す
③赤みがひくのを待つ(1ヶ月ぐらい)
④袋を取り残さないように取る(仕上げの手術)




ウミを出しただけで放っておくと、再び大きくなるので、仕上げの手術をすることがほとんどです。
その後には、線状のキズ跡が残ります。
「くり抜き法」といわれる小さく切る方法もありますが、化膿した粉瘤では再発が多くなるので、あまり勧めていません。
できるだけ短い紡錘形の切開で、できるだけていねいに縫合することで、キズが目立たないようにしています。
2020.03.04 17:34 | 皮膚のお話
まつもと皮フ科
〒770-0003
徳島市北田宮4丁目894-1
TEL:088-676-3214
▲ページの先頭へ▲

- CafeNote -