徳島 皮フ科・形成外科 まつもと皮フ科

電話お問い合わせはこちら
088-676-3214
LINE友達追加

皮膚のお話

ホーム > 皮膚のお話

肝斑の治療

2022.06.17
肝斑の治療

顔のシミ治療は、レーザーから飲み薬まで、さまざまな方法があります。
ベストな治療法を選ぶには、シミのタイプを区別することが大切です。

肝斑の診断には、
・頬に左右対称にでる
・縁のはっきりしない茶色いモヤモヤ
という肝斑の特徴を知っておくと役立ちます。

肝斑に適した治療は、
1)トラネキサム酸とビタミンCの内服
・L-システイン(ハイチオール)もいっしょに飲むこともあります。

2)美白外用剤
・トラネキサム酸のクリーム
(当院ではTAホワイトクリームMD;ジェイメック社というレーザーの会社が開発したスキンケア・シリーズplusRESTOREの製品です。乾燥による小じわのケアもできます)

・トレチノインとハイドロキノン
肝斑だけでなく、他のシミにもよく使われる塗り薬です。
シミの原因であるメラニンを減らして、色を薄くします。
ハイドロキノンはメラノサイトに働きかけて、メラニンの生成を減らします。
トレチノインはメラニンの排出を早めます。





肝斑にレーザーをあてると、余計に濃くなることが多いので、当院ではお勧めしていません。
当院の治療は、飲み薬がメインで、早く薄くしたい希望があれば、外用もします。
美容的な治療なので、飲み薬も、外用剤も保険適応ではありません。
ちなみに当院での料金は、以下の通りです。

ビタミンC:シナール配合錠 100錠 1000円(税込)
トラネキサム酸500mg錠 100錠 2200円(税込)
ハイチオール錠 100錠  1000円(税込)

美白内服セット 上の3剤全て各100錠 3500円(税込)

トレチノイン(0.075%)5g 5000円(税込)
トレチノイン(0.1%)5g 6000円(税込)
ハイドロキノン6g 2100円(税込)
プラスリストアTAホワイトクリームMD 2500円(税込)
2022.06.17 18:17 | 皮膚のお話

シミ治療:フォトフェイシャル

2022.03.06
シミの光治療:フォトフェイシャル

シミ治療の相談を受けた時、私の頭の中には、下のような表が浮かんできます。


」の部分は、中ぐらいの濃さのシミで、クリームとレーザー、どちらで治療するか迷います。ここには、フォトフェイシャルがぴったりで、当院ではルミナス社のIPL(インテンスパルスライト)の機種M22を使っています。
フォトフェイシャルは、レーザーよりマイルドな光を顔全体に照射します。

効果
・しみ・そばかす:メラニン色素に作用します

・くすみ、ハリ感、毛穴:真皮層のコラーゲンを増生し、肌のキメや質感を整えます

・赤ら顔、毛細血管拡張:開いた血管に作用します

・ニキビ、ニキビ跡:アクネ菌や皮脂腺に作用します

どの効果を求めるか、患者さんと相談して希望に合ったフィルターを選択します。





長所:
レーザーとは異なるマイルドな光治療のため、痛みが少なく、施術時間は30分ぐらい、直後からメイクも可能でダウンタイムもないため、気軽に受けることができる美肌治療です。

短所:
副作用も、レーザーに比べると起こりにくいですが、ヒリヒリ感、赤み、色素沈着なども起こることがあります。
自費診療なので、かなり費用がかかります(1回2万円ぐらい、3~4週間毎に4,5回の照射を勧めていますが、取りあえず1回受けてみる方もいます)。

長所、短所を含め、よく相談してから治療を決めてください。
2022.03.06 11:01 | 皮膚のお話

男性の薄毛と女性の薄毛

2021.10.31
男性の薄毛と女性の薄毛

薄毛・脱毛は男女とも起こりますが、その治療は、男女で違います。

男性の場合
男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンが原因です。
男性ホルモンの作用を弱くして、増毛する飲み薬が2種類あります。
フィナステリド(商品名:プロペシア)とデュタステリド(商品名:ザガーロ)で、デュタリステリドの方が、より強い増毛効果を持っています。
また、2つとも安価なジェネリックもあります。1か月6千円から1万円ぐらいで、髪の毛にコシが出てきたり、発毛を実感できる方も多いようです。

これらの薬には、副作用として、勃起不全、性欲減退、精液量の減少などがあります。
半年以上飲んでも効果が出ない場合には、お薬が合っていないこともあります。
内服開始時や内服中には、きちんと医師に相談しましょう。

女性の場合
女性の薄毛の原因は、男性とは異なりさまざまです。加齢やホルモンバランス、妊娠・授乳の他に、ストレスや生活習慣なども原因となります。

女性の薄毛治療には、フィナステリドやデュタステリドは使用できません。
ミノキシジル(1%)外用液やカルプロニウム塩化物(フロジン外用液)を1日2回塗ったり、亜鉛やパントテン酸、セファランチン(植物からの抽出物)を内服したりします。

・ミノキシジルは、「リアップ」という商品が有名で、発毛を促進する効果があります。女性の場合は1%(男性は5%)の濃度がお勧めです。
・カルプロニウム塩化物(フロジン外用液)は、保険診療でも脱毛予防や発毛促進に使われています。
・亜鉛は、毛髪の新陳代謝を活性化する栄養素です。牡蠣や肉類などの食品に多く含まれています。また、ほとんどのミネラルサプリに含まれています。
・パントテン酸は、髪の毛を構成するアミノ酸(主にケラチン)の材料です。薄毛や抜け毛を改善して発毛を促す効果があります。
・セファランチンは、ツヅラフジ科の植物からの抽出物で、脱毛症に対して保険診療でも処方している内服薬です。

他にもスピロノラクトン(男性ホルモンを抑える内服薬)なども使う施設もありますが、当院では、日本皮膚科学会ガイドラインで認められている治療を行っています。

新しい治療法:PRP療法
PRP療法では、自分の血液から遠心分離で濃縮した血小板を含む溶液を作り、直接頭皮に注射します。PRP(高濃度の血小板)溶液が、発育不全の毛根に作用して、育毛を促進させます。
自分の血液を使うので、副作用などは起きにくく、安心です。この治療は、男女とも利用できます。
費用が高くなるのが欠点で、10~20万円台のことが多いようです。





男性の場合は、フィナステリドやデュタステリドを内服すると同時に、その他の治療法も用いることで、より強い効果が期待できます。
2021.10.31 10:49 | 皮膚のお話

眼瞼下垂:まぶたが重い

2021.09.07
眼瞼下垂~まぶたが垂れ下がる~

眼瞼下垂とは、まぶたが垂れ下がって、上方が見えにくくなる病気です。
眼瞼下垂になると、交通信号を見る時など、上方を見上げるときに、ひたいにしわを寄せて眉毛を上げたり、顎を突き出したりするので、頭痛や肩こりが起きやすくなります。
心当たりがある方は、セルフチェックしてみましょう。

セルフチェック方法
1.鏡の前で軽く目を閉じたあと、ゆっくりと余分な力を入れずに、目を開けます。
2.まぶたが黒目の中心(瞳孔)にかかっていれば、眼瞼下垂の可能性があります。


上の図では、まぶたが黒目の中心近くまでかぶっています。
眼瞼下垂です。


上の図では、まぶたが黒目の上の方まで開いています。
正常で、眼瞼下垂ではありません。

治療(手術)
1.まぶたを引き上げる筋肉(挙筋)を固定し直す手術:挙筋前転法
重瞼線(ふたえの線)に合わせて、皮膚を切開し、挙筋が働くように固定し直します。


挙筋を短くして固定します。キズは重瞼線と重なり、目立ちません。

2.余っている皮膚を切り取る手術:余剰皮膚切除
たるんでかぶさっている皮膚を切り取ります。
皮膚を取る位置は、①重瞼線、②眉の下、③眉の上 の3通りです。


①重瞼線で皮膚を切除すれば、キズあとは重瞼線と重なり、ほとんど目立ちません。
②、③眉毛の上や下に沿って、切除する場合でも、細かく縫合すれば、キズはあまり目立ちません。さらに、まぶたの薄い皮膚はそのままで、眉毛付近の厚い皮膚だけを切るので、より自然な目元になります。

挙筋前転法と皮膚切除の両方をすることもあります。

手術費用は、保険適応があり、3割負担の方で、約2万2千円です。

注意:
1.生まれつきの眼瞼下垂は、上の手術法とは違う方法で治療します。
2.美容の二重まぶたの手術と眼瞼下垂の手術は違います。二重まぶたの手術は保険が適応されません。
2021.09.07 21:34 | 皮膚のお話

ワキ汗の治療

2021.07.01
夏が近づくにつれ、患者さんから「ワキ汗の新しいぬり薬が欲しい」と言われることが増えました。
「ワキ汗」で検索すると、2020年12月に発売された「エクロックゲル」がヒットするようです。

エクロックゲルは、汗を出す神経の刺激をブロックします(図1)。



ワキ汗で保険適応のあるぬり薬は今までなかったので、注目されています。
薬に負担する金額は、3割負担の方なら20gで約2000円です。
保険適応のあるボトックス注射(3割負担で約2万2千円)と比べると安いので、試してみたくなります。

ワキの多汗症の治療には、保険適応外のものも含めて様々な方法があります。

ワキ汗の治療


この他にも、頭や顔にも汗が多いときは、飲み薬があります。
負担金額は、3割負担の方で30日分が約1000円です。

また、ワキで臭いが強いときは、保険で手術もできます。
手術費用は、3割負担の方で約2万円です。

個人的な感想として、「エクロックゲルは、よく効くことが多い」ので、試してみる価値はあると思います。

注意点
1.日常生活に支障があるぐらい汗が多くないと処方できません。
2.塗ったところが赤くなる方、効果のない方もいます。

ワキだけでなく、手・足も含めた多汗症による生活の不便さは、周りの人の想像以上で、本人でないとわかりません。ある調査によると多汗症の人は、集中力が低下したり、うつ病になりやすかったりするようです。

ワキ汗で悩んでいる方は、思い切って、皮膚科に相談してください。
2021.07.01 13:21 | 皮膚のお話
〒770-0003
徳島市北田宮4丁目894-1
TEL:088-676-3214
▲ページの先頭へ▲

- CafeNote -